新基地建設の断念求め県民集会

辺野古への新基地建設を巡って、12日行われる政府との集中協議を前に、翁長知事にゆるぎない姿勢で新基地建設の断念を求めて欲しいと訴える集会が開かれました。

ヘリ基地反対協の安次富浩共同代表は「私たちは、1カ月なんて思っていません。半永久的に止める、こういう闘いをこの1カ月で作りあげていきたいと思います」と訴えます。これは、翁長知事と菅官房長官の第1回集中協議を前に、翁長知事が、政府の圧力に負けないようにエールを送ろうと、基地の県内移設に反対する県民会議が開いたものです。

参加した女性は「パフォーマンスみたいな感じで騙されないようにしないといけないと思います。政府のやり方ですよ」とと話します。そして男性は「沖縄県民の思いにしっかり寄り添って強く訴えてほしい」と話していました。

菅官房長官はこのあと沖縄入りし、12日の知事との会談前には、USJ誘致の候補地として挙がる本部町の海洋博や、西普天間住宅地区、また、返還予定のキャンプキンザーなどを視察し、沖縄振興や基地負担の軽減に取り組んでいる姿勢をアピールするものとみられます。