15-07-14-004

相次いだアメリカ兵の事件・事故に対し県議会の議員団が綱紀粛正を求めてアメリカ軍に抗議しました。

アメリカ軍の沖縄調整事務所を訪れた県議会の議員団は5月30日と31日の2日間に、飲酒運転絡みでアメリカ兵が相次いで5人逮捕されたほか、国際通りでの強盗事件でアメリカ兵が逮捕・書類送検されたのは異常な事態だとして、被害者や家族への謝罪や綱紀粛正の徹底と実効性のある教育・規制を求めました。

デイビット・デタタ所長は「原因を突き止め各部隊で共有し問題のあるところには教育をしている」と答えたということです。

議員団は、14日外務省沖縄事務所と沖縄防衛局にも同様の要請をしています。