脳脊髄液減少症 先進医療への支援求め県に要請

脳脊髄液減少症の患者らを支援する団体が県に対し、治療の推進や負担の軽減を求めました。

26日に要請を行ったのは県脳脊髄液減少症患者支援の会で、早期発見や適正治療につなげるため、医師への研修会の実施など、4項目を掲げた要請書を手渡しました。

県内では西原町のケースが注目された脳脊髄液減少症は、頭への強い衝撃で脳脊髄液が漏れ続け、頭痛や吐き気などが起きる疾患ですが、認知度は低く、高額な医療費負担が問題になっています。浦崎副知事は「要望踏まえ検討進めたい」と話しました。