機内食工場 関係者に公開

那覇空港の近くに県内初の機内食工場が開設されることになり、16日に関係者に公開されました。

工場を開設するのは、外食事業などを展開するロイヤルホールディングスの子会社です。

工場は、那覇空港近くの国際物流特区那覇地区に完成し、工場全体で1日最大2500食の調理が可能、そのうちイスラム教徒でも食べることが許されている「ハラール」専用の製造ラインも完備されています。

新滑走路完成予定の2020年の以降は、年間10億円の売り上げを目指しています。

ロイヤルホールディングスの菊地唯夫社長は「日本で一番質の高い食とソサエティを目指し、少しでも沖縄産業振興に貢献ができれば」と話していました。工場は7月1日に稼働します。