県、辺野古新基地建設対策で課を新設へ

県は、辺野古への新基地建設を阻止するための体制強化の一環として、6月にも新たな「課」を設置する方向で最終調整していることが分かりました。

県の幹部らによりますと、辺野古の新基地建設問題に関わる土木建築部や環境部など別の部局との連携を強化するために、6月1日付で知事公室内に「辺野古新基地建設問題対策課」を新設する方向で、最終調整しているということです。

課長には、知事公室の池田基地防災統括監が兼務し、5月13日に設置された辺野古対策チームのメンバーに加え、県ワシントン駐在員の平安山英雄参事監ら、およそ10人で構成される見通しです。

詳細な業務は不明ですが、辺野古への基地建設を進めたい国に対して、本格的に法的な対策に乗り出すものとみられます。