15-05-17-03

辺野古への新基地建設を止めようと県内外に訴える県民大会が17日に那覇市で開かれ、主催者発表で3万5000人が参加しました。

午前11時の開場と同時に、朝から集まっていた多くの市民が沖縄セルラースタジアム那覇に吸い込まれていきました。

参加者の女性「本土からもたくさん来ているし、地元の人がもっと頑張らなきゃという気持ちで」「なぜ沖縄だけ、こんなに差別するんですかって、言いたいんですよ」参加者の男性「基地を無くして平和な沖縄をつくる」「沖縄県民の願いです」

そして午後1時、共同代表らの力強い挨拶で大会が始まりました。

平良朝敬共同代表「(翁長知事は)安倍総理にはもっと踏み込んで、辺野古新基地は絶対に造らせないと言い切っています。実に頼もしく腹の座った言葉です」

呉屋守將共同代表「全国各地の仲間と連携をさらに強化し、辺野古新基地をオールジャパンで食い止めようではありませんか」

最後に壇上に上がった翁長知事は、あらゆる手法を用いて辺野古に新基地は作らせないと、改めて宣言しました。翁長雄志知事「どうか日本の国の独立が神話だと言われないように、安倍総理頑張ってください。うちなーんちゅうしぇえてーないびらんどー」

実行委員会は、大会で採択された決議文を持って、25日に総理官邸や防衛省などで要請行動を行うということです。