名護市議会 米政府・議会の辺野古視察求める決議

辺野古への新基地建設を巡り、名護市議会は14日の臨時議会で先月の日米合意を糾弾し、アメリカ政府や議会に辺野古の現状調査を求める決議を賛成多数で可決しました。

名護市議会で大城敬人市議は「沖縄県民の意思を踏みにじり、民主主義を否定し、自然破壊の強行を認めた日米合意を糾弾するとともに、米国政府及び上・下院議会が辺野古の現状について調査することを求める」と決議文を読み上げました。

14日の臨時議会で、与党会派の議員から決議案が提案され、与党会派と公明党の賛成多数で可決されました。

また同様に、沖縄防衛局が設置している環境監視委員会の透明性を確保し、辺野古・大浦湾の現地調査を行い、名護市議会への説明を要請する意見書案も提出され、こちらも与党会派と公明党の賛成多数で可決されました。