アオサギが飛来

緑の田んぼいっぱいに羽を休めているのは渡り鳥のアオサギたち。これは、3月11日午前、国頭村奥間で撮影されたものです。

専門家によると通常、アオサギは10羽から20羽ほどで一つの群れをなすそうですが、11日確認されたのは120羽を越えていて、大変、珍しい光景だということです。

本州で悪天候が続いたため渡りができず、小さなグループがこの場所に留まった結果、これほどの群れになったのではとみられています。

このアオサギたち11日の夕方には無事、飛び立っていきました。