15-02-20-05

辺野古の新基地建設について、県が政府に求めていた許可区域外での作業の一時停止と履行確認について、20日午後沖縄防衛局からの報告がありました。

報告文書によりますと、県が、他の事例を踏まえればブイの設置は手続きの対象とならないとしたので申請しなかったとしています。

翁長知事は2月16日、県が岩礁破砕を許可した区域外でサンゴがコンクリートブロックによって破壊されているとして、作業の一時停止とその履行確認を求めていましたが、政府は、岩礁破砕許可が出る前に県に提供したとする図面を新たに提示するなど真っ向から争う姿勢です。

あの巨大なコンクリートブロックが一般的なアンカーと言えるはずがない、とする県と、他の事例も踏まえた協議をしたという政府。堂々巡りの議論の間に工事は進められています。