15-02-02-004

県内の書店が「今、一番読んでほしい本!」を選ぶ第1回沖縄書店大賞の受賞2作品が発表されました。

大賞には小説部門がドラマ半沢直樹の原作本池井戸潤さんの「銀翼のイカロス」、郷土書部門には、大城さとしさんの「おばぁタイムス」が選ばれました。

審査は、2013年8月から1年間に刊行された日本の小説や郷土書が対象で県内25か所の書店の店員160人が投票しました。

郷土部門大賞の大城さとしさんは「マンガというジャンルから選ばれたことで喜びもひとしおです。今後も、この賞に恥じない楽しい作品を作り続けたいと思います」とコメントしています。