年末年始の交通安全県民運動が21日に始まるのを前に、19日に那覇市で開始式が行われました。

年末年始は飲酒の機会が増えることや道路が混雑することから、県や県警では飲酒運転の根絶や歩行者事故の防止など、交通安全の徹底を呼びかけています。

19日に行われた開始式には、県や県警の職員らが参加。この中で、県警の加藤達也本部長は「交通事故防止を県民総ぐるみで展開しましょう」と呼びかけました。

2013年度の年末年始には人身事故が221件、死亡事故が4件発生していて、死亡事故のうち2件は飲酒絡みの事故となっています。