沖縄地方は4日、強い雨雲の影響で朝から大雨と強風に見舞われました。東シナ海で発生した前線の通過に伴い活発な雨雲が接近した沖縄地方は4日明け方から雨模様となり通勤時間には強い雨となりました。

午前10時までの県内各地の24時間雨量は波照間島で42・5ミリ、宮古島市城辺で37ミリを観測したほか久米島で36ミリ、那覇でも31ミリの大雨が降りました。

また、各地で台風並みの強風も吹き4日朝の最大瞬間風速は午前8時44分に宮城島で33.6メートル、また、那覇でも午前8時39分に30.4メートルを観測しています。

4日から5日にかけ本島・先島地方では強い雨と風が続く見込みで沖縄気象台で注意を呼びかけています。