今月16日の県知事選挙についてQABと朝日新聞、沖縄タイムスが情勢調査を行った結果、翁長さんが優位に立ち、仲井眞さんが追う展開で、下地さんと喜納さんは厳しい情勢となっています。

情勢調査は7日と8日の2日間、コンピューターで無作為に番号を作成して電話をかける方法で実施しました。調査の結果、翁長さんは全体の7割を占める無党派層に広く浸透しているほか、共産、社民の支持層を固めています。

また、民主支持層の大半の支持を集めています。一方、仲井眞さんは自民支持層の8割を固めているものの、自主投票となった公明支持層については翁長さんと分け合っています。

下地さんと喜納さんは、支持の広がりが見られません。ただ、有権者の3割近くが投票態度を明らかにしていないことから今後、情勢が変わる可能性もあります。