11月9日に告示される那覇市長選挙を前に、立候補予定者による公開討論会が行なわれ、舌戦が繰り広げられました。

那覇市長選挙に出馬を表明しているのは、前の副市長の城間幹子さんと前の副知事の与世田兼稔さんの2人です。

8日の公開討論会で、城間さんは翁長市政4期14年を振り返り、教育・福祉・都市基盤整備など大きく発展したと評価し、子や孫に明るい未来をつなぎ、更なる高みを目指したいと訴えました。

また、与世田さんは翁長市政を振り返り、待機児童数が減っていない点を指摘、県と連携することで待機児童数をゼロにできると訴えたほか、給食費の無料化や中学3年生までの医療費の無料化の実現を訴えました。

那覇市長選挙は9日に告示され、投開票日は16日です。