国の天然記念物に指定されているイリオモテヤマネコが11月3日、西表島の県道で死んでいるのが発見されました。車にはねられたとみられています。

野生生物保護センターによりますと、発見されたイリオモテヤマネコは体重およそ2キロ、身長52センチのメスです。

11月4日、西表島古見の県道で発見され、発見時の状況や頭部を骨折していたことから、車にはねられたとみられています。

ヤマネコが巻き込まれた交通事故は、今回を含めことしに入って4件です。野生生物保護センターでは野生動物の飛び出しに注意してほしいと話しています。