11月16日の県知事選挙にむけ、翁長雄志候補が那覇市で総決起大会を開きました。

今回の知事選挙に立候補しているのは届け出順に、元郵政民営化担当大臣で無所属新人の下地幹郎さん(53)、元参議院議員で無所属新人の喜納昌吉さん(66)、前の那覇市長で無所属新人の翁長雄志さん(64)、現職で無所属の仲井眞弘多さん(75)の4人です。

沖縄セルラースタジアム那覇で開かれた総決起大会で翁長さんは、保革を超えた議員らとともに、県内各地から集まった支持者らを前に「日本政府、アメリカ政府、国連みんな回ってきます。皆さんの気持ちを伝えてきて、ありとあらゆる手段をとって新辺野古基地は造らせない」と辺野古への基地建設反対を強く訴えました。

また、名護市の稲嶺市長は「知事が埋め立てを承認したことが始まり。ウチナーンチュの心が試されている」と結束を呼びかけました。