普段は非公開で行われる少年審判がどのようなものか知ってもらおうと、15日夜、模擬の少年審判の見学会が行われました。少年審判は、通常は少年の更生を考え非公開で行われています。

今回の模擬審判は、バイクを盗み、酒を飲んだ状態で無免許運転をした男子高校生に処分を下すという想定で、審判の流れを家庭裁判所の職員が再現しました。

見学会に参加した女性は「少年がどうしたら更生できるかという未来の可能性を大事にしているというのが伝わりました」と話し、男性は「社会全体でどういう対応して行ったらいいのかを考えていかないといけないと思います」と話していました。

見学会に参加した人は、審判の模様や、刑事裁判との違いをメモを取りながら、見学していました。