沖縄の返還交渉に関わった元アメリカ政府の高官、モートン・ハルペリンさんによる講演会が18日、那覇市で開かれました。

講演でハルペリンさんは返還交渉当時、日本側がアメリカ側の安全保障政策に配慮し、沖縄の返還に及び腰になっていたことを明かし、そうした日本政府の姿勢が今の辺野古の基地建設をめぐる問題にも繋がっていることを指摘しました。

講演でハルペリンさんは「異様だと思うのは、新基地を建設することについて、日本政府が米政府に対し、政治的に困難だと伝えることをしぶっていることです」「民主主義国家の政策は、人々の支持なしには達成できない」と述べ、新基地反対を訴える沖縄の立場に理解を示しました。