児童生徒の学力向上について話し合う学力向上推進本部会議の初会合が開かれました。

会議では、学力向上推進本部会議の平良勉本部長が、2014年度の学力テストで、小学校が最下位を脱出したことなどに触れ、「学校・家庭・行政がベクトルをひとつにして取り組むことで、確実な成果をあげられる」と話しました。

また調査の結果「保護者に家庭学習を促す」指導が不十分との課題も浮き彫りになりました。

また午後には県教育委員会の定例会が開かれ、2016年度に開校予定の中高一貫教育校の計画が発表されました。開邦高校の敷地内に中学校を併設。高校は、1学年5学級、中学校は1学級で全体では18学級、720人規模の学校とし、県内全域からの入学が可能です。