第2次安倍改造内閣が3日、発足しました。菅官房長官が沖縄の基地負担軽減を直接担当します。

改造内閣では、麻生副総理兼財務大臣、岸田外務大臣など主要閣僚を留任させ、菅官房長官には新たに沖縄の基地負担軽減も担当させます。

一方、新設された安保法制担当大臣には防衛副大臣などを務めた江渡聡徳氏を充て、防衛大臣を兼務させます。

江渡大臣は「2つの閣僚というのを受ける形になり大変緊張している。一生懸命勉強して、しっかりとがんばっていきたい」と話していました。

また沖縄北方、科学技術担当大臣には徳島2区選出の山口俊一氏が就任しました。