南米ブラジルやボリビアへの入植を記念する式典に出席するため、11日、高良副知事らが沖縄を出発しました。

2014年は、沖縄から多くの人々が渡ったブラジルのカンポグランデ市が入植100周年、ボリビアのコロニア・オキナワが入植60周年にあたり、それぞれの街で記念式典が開かれ高良副知事らが式典に出席します。

11日、出発をまえに高良副知事は「先人たちが、血のにじむ苦労を重ねて作り上げた場所で、うちなーんちゅ同士の繋がりを作りたい」と話しました。

また、入植記念式典の後にはペルーを訪れ、沖縄にルーツを持つ世界中のビジネスマンが集まる会議にも出席します。

副知事らはこのほかにも9日間の日程で南米各地での行事に参加する予定です。