八重山各地では旧盆の伝統行事、「アンガマ」の行列が家々を訪れ、先祖を供養しています。

旧盆中の3日間、八重山では先祖を供養する「アンガマ」の行列が町内を練り歩き、招待された家々を訪問します。

あの世からの使者と言われるアンガマ。8日には石垣市の中央商店街にはアンガマが日暮れとともに現れ、歌や踊り、そしてあの珍問答を繰り広げました。

観光客「なぜあなたはお面をかぶっているの?」アンガマ「お面じゃない、素顔!」ユーモアたっぷりの珍問答に、買い物客や観光客らが拍手を送っていました。