閉館の危機に追い込まれていた「シネマパニック宮古島」が2日「よしもと南の島パニパニシネマ」としてプレオープンしました。

「シネマパニック宮古島」はデジタルプロジェクター導入の資金の不足から閉館の危機に追い込まれていました。その後、募金380万円と「よしもとクリエイティブエイジェンシー」からの命名権の支援協賛金300万円を活用してデジタル機器を導入し「よしもと南の島パニパニシネマ」として運営することになりました。

この日はよしもとの人気芸人品川ヒロシさんが監督を務める「サンブンノイチ」が上映され市民がデジタル上映の映画を楽しんでいました。来場者は「新しい映画がどんどんこちらでも上映できるようになればいいなと思います」と話していました。正式オープンは8月8日です。