23日は69年目の「慰霊の日」です。那覇市歴史博物館では、沖縄戦が始まる前、戦時体制下の当時の社会を紹介する企画展が開かれています。

企画展では、日本が戦争へと向かい始めた時代の沖縄の人々の生活を写した写真や資料が展示されています。

中には、学校の校庭で銃剣を構え徹底した軍事訓練を受ける青少年たちや、悲惨な戦場をあえてコミカルに描くことで、子どもたちの戦争への意識を煽ろうとする絵葉書などもあり、当時の教育や法律、暮らしなど社会全体が戦時体制に向かうさまが紹介され、沖縄がどのように戦争に巻き込まれていったのかを知ることができます。

企画展は7月2日まで開かれています。