中川「楽園の海、案内は水中ビデオカメラマンの長田勇さんです。よろしくおねがいします。きょうは「座間味でウミガメに出会う!」をお伝えします。初めて長田さんと海を体験して参りました!」

長田「シュノーケリングでのびのび泳げましたね!」

中川「とても緊張しましたが物凄く感動しました。早速VTRをご覧ください。この日はとてもお天気よかったですね。座間味島から今回のシュノーケルポイントに向かいます。」

長田「少しだけ波がありましたがまずまずの海況です。目指すポイントはウルヌサチ。サンゴの岬という意味です」

中川「ちょっと緊張しますがいよいよ私も海に挑戦です!シュノーケリングする際に気をつけることは?(長)興奮しすぎて下を向き過ぎると水を飲むから落ち着いて。そしてサンゴを踏まないように。こうやって見ると大分目が泳いでますね、私」

長田「まだ泳いでないのにね・・・」

中川「長田さんは装備を入念にチェックしていました。いつも陸上で会う長田さんと船上にいる長田さんは違った印象で余計に緊張してしまいました」

長田「そんなことないでしょ。」

中川「さて長田さんは撮影に専念していただき私はザマミセーリングの又吉さんに水中ガイドをしていただくことになりました。準備をしながらもボートからエントリーするのは初めてだったので笑顔がまんまりでませんでした。」

ディレクター「今どんな気持ちですか」

中川「どんな気持ちっていわれても・・・が、がんばります。おはずかしい。なにもかもが初めてだったので・・・」

長田「さあいよいよ水中です。入ると意外とリラックスできるんです。」

中川「はい、見たこともないような素晴らしい世界が私を迎えてくれました。魚たちを間近で見ると感動が何倍にもなりました。」

長田「ウルヌサチというだけあってこのポイントはサンゴが元気いっぱいです。」

中川「長田さんはずっとこの海の撮影を続けていますよね。今年国立公園にも指定されたこのケラマの今のサンゴの状況はどうなんでしょうか」

中川「そしてついに待望のウミガメに対面です。」

長田「はい、タイマイです。割と小さ目な体ですね」

中川「一生懸命何をしているんでしょうか?」

長田「タイマイの好物はホヤなんです。こうやってサンゴをひっくり返してホヤを見つけて食べてるんです」

中川「まわりの魚は?」

長田「黄色いのはオトメハゼ。その周りの魚たちもウミガメのおこぼれを狙って集まってきてるんです

中川「みんななかよしで楽しそうですね」

長田「後半は中川さんもだいぶリラックスできましたね」

長田「今回は取材で行ったので時間がとてもタイト。めまぐるしくボートから水中へと大変でしたがこれからゆっくりと経験を積んでいくときっと楽しめますよ」

中川「ありがとうございました。以上楽園の海でした。」