旧暦のユッカヌヒーにあたるきょう、那覇市の大嶺地区で伝統の「地バーリー」が行われました。「大嶺の地バーリー」は那覇市の指定無形文化財で、戦争で旧日本軍に土地を強制接収されるまで、現在の那覇空港の敷地内にあった大嶺地区で続く伝統行事です。

かつては、豊漁を祈願し捧げられた演舞。海はなくなっても、今も継承される地バーリーには、区民たちのふるさとを想い、地域の幸せを願う心が込められているようでした。