秋の県知事選挙で、野党側から候補者として推薦する声が上がっている翁長雄志那覇市長は13日、どういう立場からの話も聞くと述べ、柔軟な姿勢を示しました。

翁長市長は13日の定例会見で、秋の知事選で野党の選考委員会から推薦する声が多く上がっていることについて、現時点では報道で知るだけで打診などはなく、私からの意見はないとしながらも、「とにかくどういう立場からのものであれ、私は今まで拒んだことはありませんので、どういう立場からのものでも、会いたいというお話がありましたらお話は当然お聞きする」と述べました。

そして、野党側から打診があった場合も話しは聞きたいという姿勢を示しました。また、知事選に誰が出たとしても、自分たちで持ってきたわけではない基地をめぐって県民同士がいがみ合うのではなく、政府に建白書を提出した際のオール沖縄を実現する努力をすべきだと述べました。