高校生ものづくりコンテスト九州大会が熊本県で行われ、旋盤作業部門で沖縄工業高校の2年生が県勢初の最優秀賞を受賞し、7月18日那覇空港に到着しました。

最優秀賞を受賞したのは、沖縄県代表として旋盤作業部門に出場していた沖縄工業高校電子機械科2年の金城迪宏さんです。

旋盤作業とは、金属を加工してネジなどを製作するもので、100分の1ミリ単位の精密な感覚とスピードが要求されます。九州大会を制覇した金城さんは、「今培っている技術を使えるような仕事に就きたいと思っています」と喜びを話しました。

金城さんは2011年11月に東京で開かれる全国大会に出場することになっています。