News Photo

あさって初戦を迎える興南高校の対戦相手は富山商業。その富山商業には「興南攻略」の練習にある秘策がありました。棚原記者のリポートです

棚原記者「手堅い守りの野球を身上とする富山商業、初戦の相手興南高校を見据えた練習に余念はありません」

興南の機動力野球を警戒する富山商業。きょうの練習、前半はバント処理と内外野の連携プレーに重点を置きました。

その守りの要、富山商業のエース・村上勇太投手はきのうきょうとピッチングはなし。しっかり肩を休ませて興南戦に備えています。

一方、攻撃陣ではゲームメイクの鍵を握る1番バッター・キャプテンの横山大樹選手をはじめ、あたっている3番の宮井祐也選手など、クリーンナップのバットは良くふれていて、要注意です。

富山商業監督「沖縄県はやりたくない相手ですよね。会場がほとんど沖縄県の方になってしまいますから」

富山商業は興南戦を想定したこんなイメージトレーニングも取り入れていました。

♪ハイサイおじさん!♪

沖縄の応援団にのまれないようにするため、練習中グラウンドに沖縄音楽を流していたのです。

富山商業・横山大樹主将「沖縄の応援は独特なので、そのへんを意識してやっています」

富山商業・村上勇太投手「一発長打はないですが、細かなヒットは良く打つチームなので、制球については特に意識しています」

明日は興南ナインの表情をお伝えします。