2019年2月18日 11時57分

総決起大会 県民投票成功と普天間基地運用停止訴え

総決起大会 県民投票成功と普天間基地運用停止訴え

普天間基地を抱える宜野湾市では、17日、総決起大会が催されました。17日の総決起大会には、議員や市民など約600人が集まりました。

大会翌日の18日、2月18日は、政府が普天間基地の5年以内運用停止を約束した期限になっていますが、政府は辺野古移設への協力が前提だとして、実現が困難だとしています。

伊波洋一参院議員は、「戦後74年も基地の重圧に苦しめられ続けている沖縄県民として、私たちは辺野古反対の意思をしっかり、反対にマルをつけて投票すること。このことこそが、普天間基地の1日も早い返還に結び付くものだと考えています」と話していました。

大会の後、参加者は市役所を訪れ、早速、期日前投票で1票を投じていました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.