2015年9月2日

Q+リポート 若者に伝えたいメッセージ・I-VANさん

実は、レゲエダンスのジャンルで、若くして世界一の称号を獲った、うちなんちゅがいるんです。それがこちら、レゲエダンサー、I-VANさん。沖縄から世界一になった彼が、いま伝える幸せのカタチとは。 ジャマイカで行われる政府主催のダンス大会、ワールド...続きを見る

マグロ缶詰づくりに高校生が挑戦

沖縄水産高校の生徒たちが2日、実習でマグロの缶詰作りに挑戦しました。マグロの解体から始まった缶詰づくり、2日、沖縄水産高校では、水産加工食品の製造に関する知識や技術を学ぶため、マグロの油漬けの缶詰づくりの実習を行いました。 マグロの解体初挑戦の玉...続きを見る

集中協議に参加を 宜野湾市名護市が要請

辺野古をめぐる県と国との集中協議が残り1回となる中、名護市の稲嶺市長と宜野湾市の佐喜真市長が2日翁長知事と面談し、協議に参加させてほしいと要請しました。 佐喜眞宜野湾市長は、翁長知事に、普天間基地移設問題の原点はあくまで「普天間基地の危険性除去」...続きを見る

キャサリン・フィッシャーさん県に要請

13年前、神奈川県でアメリカ兵から性暴力を受け、その体験談を出版した、キャサリン・フィッシャーさんが2日、県庁を訪れ性被害者の支援に努めてほしいと要請しました。 県庁を訪れたフィッシャーさんは、自らの体験から、性暴力被害者に対応するセンターの24...続きを見る

イチハナリアートプロジェクト

伊計島をはじめ島中にアート作品を展示、島の魅力を表現する「イチハナリアートプロジェクト」が12日から開催されることになりました。 「イチハナリアートプロジェクト」は、うるま市の伊計島を舞台に、若手芸術家などが手掛けたアート作品を、島の至るところに...続きを見る

嘉手納町基地対協が嘉手納基地の目視調査実施

嘉手納基地周辺の騒音の実態を把握しようと、嘉手納町の基地対策協議会が基地を離着陸する航空機の目視調査を実施しています。 この調査は、嘉手納基地を離着陸する航空機の種類や騒音、飛行経路などの実態を把握するのが目的で、7年前から毎年この時期に行われて...続きを見る

辺野古沖で自然保護団体が「リーフチェック」

名護市辺野古沖のサンゴの生態を世界基準で定点観測している自然保護団体が1日に「リーフチェック」を実施しました。 調査が行われたのは長島と平島の南東側の水深3メートルと6メートルの海底で、サンゴを含む海底の状況や魚などの生き物の種類を確認しました。...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.