2014年3月31日 18時33分

自衛隊機が嘉手納に緊急着陸

31日午前、沖縄本島南の海上で訓練飛行中の航空自衛隊の航空機にエンジントラブルがあり、急遽アメリカ軍嘉手納基地に着陸しました。

この映像は、31日午前11時ごろにエンジントラブルのため嘉手納基地に緊急着陸した航空自衛隊のE-2C型早期警戒機です。

航空自衛隊那覇基地によりますと、この機体は三沢基地所属のもので、2015年度の那覇基地への配備を前に、31日午前10時頃から沖縄本島南の海上で試験飛行をしていました。

 その際、試験項目のひとつであるエンジンの停止を行ったところ、再始動ができない状態となり、那覇基地に着陸すると滑走路を閉鎖する可能性があったため急遽、嘉手納基地へ着陸しました。

現在、航空自衛隊の整備員が調査にあたっていますが、原因が分からない状態で、このまま離陸できない場合はエンジン交換の可能性もあるということです。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.