1 / 212

2014年5月8日

楽園の海 コブシメの産卵 2014

中川「楽園の海、案内は水中ビデオカメラマンの長田勇さんです。よろしくお願いします。きょうはコブシメの産卵です。」 長田「コブシメは沖縄ではクブシミと呼ばれるイカのことです。石垣島まで行ってきました。」 中川「神秘的なシーンを物凄く楽しみ...続きを見る

きょうは「ゴーヤーの日」

きょうは「ゴーヤー」の日です。各地でゴーヤーにまつわるイベントが開催されましたが、一大拠点産地の宮古島ではゴーヤーの特売が行なわれ、たくさんの人が直売所に詰めかけました。 8日朝、宮古島市にあるファーマーズマーケット「あたらす市場」では関係者...続きを見る

ゴーヤー作戦で飲酒運転根絶を!

参加者は配布しながら「交通安全気を付けてくださいね」「ゴーヤー作戦です。よろしくお願いします」「交通安全をやってまして、58号線にかけてゴーヤーなんで、よろしくお願いします」と呼びかけました。 恩納村では、ゴーヤー作戦と称してゴーヤージュース...続きを見る

ゴーヤーの日出前授業

こちらは糸満市の真壁小学校。ゴーヤーの生産が県内上位の糸満市では、出前授業とゴーヤーのプレゼントがありました。 授業では、栽培方法や出荷量の推移に加え、写真で、日本と世界のゴーヤーの形を比較したり、世界の歴史と重ね合わせてゴーヤーの伝来を学びまし...続きを見る

ハブがクイナの卵4つ丸のみ

8日未明、国頭村でヤンバルクイナの卵を飲み込んだハブが捕獲されました。名護市の眞喜志さんは「そうですね、自然界ではエサとなるものは何でもハブは食べますからね」と話します。 ヤンバルクイナの卵を飲み込んだハブを見つけたのは名護市の眞喜志康弘さん...続きを見る

稲嶺市長・防衛局に「申請」再提出求める

普天間基地の移設に向け、沖縄防衛局が先月名護市に申請した漁港の使用許可などに対し、名護市が申請に不備があるとして再提出を求めていたことがわかりました。 8日の定例会見で稲嶺市長は、4月沖縄防衛局から申請のあった6項目のうち4項目について、漁港...続きを見る

慶良間諸島 サンゴ礁の環境保全で条例制定へ

2014年3月国立公園に指定された慶良間諸島のサンゴ礁を保全しようと、座間味・渡嘉敷の両村は全国でも初めてダイバーの立ち入り規制も視野に入れた条例案を提出する方針を固めました。 条例案の制定は自然環境の保全と活用に向けて座間味・渡嘉敷のダイビング...続きを見る

消費者月間 パネル展

悪徳商法の手口や、契約解除のクーリングオフの方法を知ってもらおうと、那覇市で「消費生活パネル展」が開かれています。このパネル展は今月の「消費者月間」にちなみ県立図書館と県民生活センターが企画したものです。 企画展のコーナーでは振り込め詐欺や、...続きを見る

稲嶺市長 訪米激励会

新基地建設の反対を訴えるため、5月に訪米する名護市の稲嶺市長を市民らが激励する会が7日夜に開かれました。 7日の激励会には市民ら200人以上が参加。今回が2度目の訪米となる稲嶺市長は、ニューヨークでの講演など、新たな試みを通じて「世界の共感と...続きを見る

悪徳商法に気を付けて

悪徳商法の手口や契約解除のクーリングオフの方法を知ってもらおうと、那覇市で「消費生活パネル展」が開催されています。 このパネル展は県立図書館が5月の「消費者月間」にちなみ開催しているもので、図書館内には振り込め詐欺やネズミ講、また、最近のネッ...続きを見る


1 / 212

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.