2 / 19123...10...最後 »

2014年2月27日

普天間5年以内の運用停止に 公室長「県外移設が必要」

県の又吉知事公室長は、普天間基地の5年以内の運用停止について、「県外移設が必要で政府に設置された会議や作業部会で、あらゆる方策を追求するよう求める」と述べました。 県議会の代表質問で、県民ネットの奥平一夫県議が県が求める辺野古移設を再確認した日米...続きを見る

旅客船の火災想定し訓練

フェリーや遊覧船など、旅客船での万が一の事態に備えた訓練が那覇市で行われました。この訓練は那覇海上保安部が実施したもので民間の旅客船で火災が発生し、けが人が出ているという想定で行われました。 足場が崩れる危険と隣り合わせだという船上火災。参加者は...続きを見る

高校生が手作りデイサービス

机の上の学習だけではわからない体験です。 介護や福祉について専門知識や技術を学んでいる高校生たちが、27日地域のお年寄りとふれあうデイサービスに挑戦しました。 石橋記者は「こちらの公民館では、高校生たちがアイデアを出し合った手作りのデイサー...続きを見る

県議会代表質問 知事「運用停止実現図られる」

仲井眞知事は27日の県議会で、普天間基地の5年以内運用停止の実現性について「協議会の設置で前進が図られる」との見解を示しました。 県議会は27日から野党会派の代表質問が始まりました。社民・護憲ネットの新里米吉県議が普天間基地の5年...続きを見る

宮古島市で強盗事件 商店から現金奪い逃走

27日早朝、宮古島市平良で男が商店に押し入り現金を奪って逃走する強盗事件がありました。 宮古島警察署によりますと、27日午前5時40分、宮古島市平良の商店にタオルで顔を覆った男が押し入り70代の女性店員にハサミを突き付けて「金を出せ」...続きを見る

人材育成・経済発展を 韓国商工会 那覇商工会議所と交流

沖縄と韓国の経済発展を目指し、26日、韓国ソウルの商工会と那覇商工会議所との交流会が開かれました。 26日、那覇商工会議所と交流したのはソウル市の麻浦区商工会の代表者らです。両者は、互いの経済発展を目指し、今後、定期的な人材交流や情報交換を行...続きを見る

2014年2月26日

栞の私記おりおり 綱引きも復活!黒島の牛まつり

栞の私記おりおりです。中川アナウンサーが、黒島の牛祭りに行ってきました。着目は4年ぶりに復活する「あのイベント」です。 中川アナウンサー「もうまもなく黒島に到着します。一体どんな牛が待っているんでしょうか。」 竹富町黒島、人口200人。牛の数300...続きを見る

県議会 きょうから代表質問

県議会の2月定例会は26日から代表質問が始まり埋め立て承認の経緯について仲井眞知事が与党・自民党議員の質問に答えました。 最初の質問に立った自民党の仲田弘毅議員は、辺野古の埋め立て承認について、法律に則って承認した知事が批判の矢面に立たされている...続きを見る

県立図書館 新たな郷土資料128点を展示

那覇市の県立図書館で、新たに収集した資料を紹介する「新収蔵資料展」が26日から開かれています。 2013年度、県立図書館には128点の郷土資料などが、コレクションに加わりました。県出身の詩人、山之口貘さんの代表作「座蒲団」の直筆色紙。...続きを見る

那覇商工会とも交流 韓国商工会QABを訪問

経済交流を目的に沖縄を訪れている韓国の商工会が、26日、QABを訪れました。 26日から沖縄を訪れているのは韓国の経済機能が集中するソウル特別市25区の一つ「麻浦区」商工会のメンバーです。 QABを訪問したイ・ウニョン副会長は「今回...続きを見る


2 / 19123...10...最後 »