2013年2月2日 17時55分

普天間問題で安倍総理 「日米合意の中で進める」

News Photo

2日、沖縄を訪れている安倍総理大臣は普天間基地の移設について「アメリカとの合意の中で進めていきたい」と述べ、名護市辺野古への移設を進める考えを示しました。

2日午後、那覇市内のホテルで行われた安倍総理との会談で仲井真知事は、普天間基地の県外への移設、そしてオスプレイについて不安を払しょくするよう力を入れてほしいと訴えました。

これに対し安倍総理は、「オスプレイの訓練はなるべく県外に移転するよう努力したい」と答える一方、普天間基地の移設については「普天間基地の固定化はあってはならないことでございますので、米国との合意の中で進めていきたい」と述べ、日米間で合意している辺野古への移設計画を進める考えを示しました。

また会談後、辺野古沖の埋め立て申請を訪米前に行う可能性について記者団に問われた安倍総理は、「それは考えていない」と答えました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.