2013年9月2日

Q+スポーツ部 天皇杯で救世主! FC琉球 Jリーグ参入は?

最後の薩川監督の発言からも「来年」への意識がうかがえました。FC琉球は来季から発足するJ3への参入を目指しており、こちらも動いています。 きょう、Jリーグ参入のための審査ヒアリングが行われました。Jリーグ視察団は、まずFC琉球の本拠地となる沖縄市を訪問。...続きを見る

注意! ハブ咬傷増える季節です

さて、夏もそろそろ終わりを迎えようとしています。涼しい風の訪れとともに、気になるのが「ハブ」の被害。毎年発生するハブ咬傷被害について、中川アナウンサーが取材しました。 猛毒を持つ、ハブ。1年のうちでも、9月から11月にかけエサを求めるハブの活動が...続きを見る

沖縄市ドラム缶問題 環境団体 調査のあり方を評価

沖縄市のサッカー場工事現場から高濃度のダイオキシン類を含むドラム缶が見つかった問題で、環境団体が2日、会見をひらき沖縄市が実施した調査のあり方について、「画期的なこと」だと評価しました。 また、この団体が他の研究機関に依頼した評価結果からは枯れ葉...続きを見る

与党国会議員も現場を視察

自民党の比嘉奈津美衆議院議員は2日、ドラム缶が発見された沖縄市のサッカー場を視察し「政権与党の議員として訴えられることを国に伝えたい」と話しました。 2日午後、現場を訪れた比嘉衆院議員は市の担当者から、ドラム缶発見に至る経緯や工事現場の状況などの...続きを見る

「基地移設実感して」 名護市パンフレット作成

普天間基地が市内に移設されるとはどういうことなのか市民に具体的に実感してもらうため名護市はパンフレットを作成しました。 名護市が今回作成したパンフレットには、市の中心市街地と比較しての施設の大きさや埋め立てに使用される土砂の量が、名護市の「あけみ...続きを見る

若い力を海外へ! 海外ジョブチャレンジ出発式

中国やマレーシアなどアジアの国々の企業で就業体験をしようと県内の大学生などが2日、那覇空港を出発しました。 「海外ジョブチャレンジ事業」は県内の大学生たちがアジア各国の大学生との交流や日系企業でのインターンシップを通して国際感覚を養おうというもの...続きを見る

コンビニで住民票など交付

コンビニエンスストアで住民票の写しや印鑑登録証明書などを発行できる県内初の行政サービスが南風原町でスタートしました。 このサービスはコンビニエンスストアで自治体証明書の交付が受けられるようにと南風原町が、沖縄ファミリーマートやローソン沖縄と提...続きを見る

浦添市港川 基地を経路に避難訓練

防災の日の1日、浦添市・牧港補給地区の周辺住民が基地の中を避難経路にした訓練を行いました。 牧港補給地区に隣接する浦添市港川の崎原地区は津波などの災害が発生した際、避難経路が1ヵ所しかないことから住民の要望を受け今回、はじめて基地内を...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.