2012年12月26日 11時43分

オスプレイ 日米合意の運用守られず

オスプレイの沖縄配備後、県や自治体が実施した目視調査の結果、およそ6割で違反飛行の実態がある事がわかりました。

調査は普天間基地に配備された10月と11月の2カ月間、県や宜野湾市、名護市、伊江村などの18の市町村が目視で実施しました。

その結果、オスプレイを目視した517件のうち6割を超える318件で、日米で合意した飛行ルールを違反していたことがわかりました。違反のほとんどは学校や病院などを含む人口密集地での飛行を避ける事が守られていないケースですが、米軍施設や区域外で禁止されているヘリモードでの飛行も74件確認されています。

また、オスプレイの問題として騒音や粉じんを指摘する自治体もあります。県ではこうした違反の飛行に対し、外務省や防衛省に運用の確認や環境レビューとの検証を行うよう、文書で要請しています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.