2012年3月30日 18時45分

PAC3配備 石垣では石垣港埋め立て地に

北朝鮮の「衛星」打ち上げに対する破壊措置命令が出たことを受け、PAC3の県内での配備先のひとつ、石垣市では、石垣港八島地先の埋め立て地区に、配備されることがわかりました。

石垣市によりますと、30日午前の破壊措置命令発令後、沖縄防衛局から、石垣市への迎撃部隊配備の連絡があったということです。

石垣市でのPAC3配備先は、石垣港八島地先の埋め立て地区ということです。石垣市の危機管理対策本部では、中山市長が、市の担当者に対し、情報収集や自衛隊への対応のほか、市民に対する情報提供などを指示しました。

中山石垣市長は「実際に詳細を聞いてですね、市民の皆さんに、もし実際にミサイルが発射された場合、どういう対応、例えば屋内退避とか。そういう情報は随時提供していこうと考えています」と話しました。

週明けの4月2日には、自衛隊機が石垣入りする予定で、石垣市では、緊張が高まっています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.