2011年6月14日

めざせ甲子園!(12) 宜野座旋風再び!~宜野座~

めざせ甲子園です。12校目のきょうは10年前、21世紀枠で出場したセンバツ高校野球大会でベスト4に入り、全国に宜野座旋風を巻き起こした宜野座高校です。 2001年のセンバツ甲子園。宜野座高校はその年初めて導入された21世紀枠でセンバツ大会に出場...続きを見る

Qリポート ハンセン病隔離構想の島

先月20日から宮古島市や名護市などで開かれたハンセン病市民学会。今まであまり表に出ていなかった、八重山のハンセン病の歴史を辿るツアーが企画されました。その様子を取材しました。 先月23日、石垣市で行われた八重山のハンセン病の歴史を辿るツアー。ハンセン病回...続きを見る

国頭村議会 安波区民へ「政府と交渉」凍結を求める

アメリカ軍普天間飛行場の受け入れを可決した安波区民に対し、国頭村議会は議長名で安波区民に向け、受け入れに向けて政府と直接交渉することは凍結するよう、声明を発表しました。 声明は6月14日、国頭村議会の定例議会の冒頭で読み上げられ「議員の総意」とし...続きを見る

靖国合祀取り下げ控訴審が結審

沖縄戦で亡くなった家族が靖国神社に「英霊」としてまつられているのは精神的苦痛だとして、遺族などが合祀の取り消しを求めた訴訟の控訴審が14日に福岡高裁那覇支部で開かれ、結審しました。 池宮城紀夫弁護団長は「援護法を通して犠牲者が戦争協力者としてねつ...続きを見る

那覇市の児童ら 戦争体験から沖縄戦を学ぶ

慰霊の日を前に、戦争体験者の話を聞き、平和の尊さを考える平和学習会が14日に那覇市で開かれました。 那覇市の安謝福祉複合施設で開かれた平和学習会には、デイサービスを利用しているお年寄り30人と安謝小学校の2年生の児童150人が参加しました。 ...続きを見る

石垣市川原 児童らが「暁の塔」で慰霊集会

沖縄戦で野戦病院として使われた石垣市の病院跡地に、慰霊の塔が建てられていますが、14日、地域の子どもたちが塔の清掃と慰霊集会を開きました。 こどもたちは塔に向かい「二度と戦争は起こらないようにすることを、平和な島、平和な日本、平和な地球にすること...続きを見る

来春卒業予定者の求人確保を

2012年春に学校を卒業する予定の人たちの雇用の場を確保してほしいと14日、仲井真知事や学生らが経済団体の代表者に要請しました。 要請で仲井真知事は「震災の影響もあって2012年は今年以上の厳しさが予想される」として採用枠の拡...続きを見る

歴史の教訓後世に 旧海軍壕司令部で慰霊祭

1945年の沖縄戦当時、旧海軍の太田中将らが自決した豊見城市の海軍司令部壕で13日、慰霊祭が行われました。 慰霊祭には、1945年当時、海軍壕司令部の司令官だった大田実中将の遺族など県外から22人、県内からも100人あまり...続きを見る

さつまの美味いもんずらり 鹿児島の物産展はじまる

歴史ある食文化、伝統工芸品を一堂に取り揃えた鹿児島の物産展が14日から那覇市の沖縄三越で始まりました。 会場は、限定100袋のお楽しみ袋を求める客で14日のオープン前から盛況。おなじみの芋焼酎やさつま揚げをはじめカキ氷の「白熊」やきびなご寿司...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.