2010年3月12日 18時30分

迫力満点の映画館が登場

News Photo

3D映画や3Dテレビが注目を集めるなか、北谷町に360度3D映像を楽しめるシアターが登場しました。

北谷町のミハマセブンプレックスに登場したのは沖縄初上陸、全国でも6か所目となるこちらのMEGA 3D 360。シアターの最大の特徴はこの360度のスクリーン。専用のメガネをかけると大きな恐竜が前後左右から迫ってくるなど、迫力の立体映像を360度楽しむことができます。シーンに合わせてエアーが噴射されたり、床が振動することで、映像を、よりリアルに体感することもできます。

ミハマセブンプレックス・マネージャーの比嘉さんは「やはり映画とは違って、360度スクリーンがあるというところで、本当に立体的に見えます。そういったところが今回の見どころだと思います」とPRしていました。

映画「アバター」がアカデミー賞を受賞するなど、3D元年と言われる今年、3D映像をとことん楽しんでもらおうと設置されたもので、子ども向けからホラーまで専用のコンテンツを中心に13日から一般公開されます。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.