2009年6月16日

めざせ甲子園!12 仲間のために戦う〜読谷高校〜

めざせ甲子園!12校目は読谷高校です。およそ1年間にもわたる闘病生活をナインの絆で乗り越えた選手が、チームを支える大きな存在になっています。 読谷高校。文武両道を掲げる学校はクラブ活動も盛ん。野球部も、今から17年前の春のセンバツ甲子園に出場し...続きを見る

県議会発足100年 決意新た

県議会は6月に発足100年を迎え、議会としてなお一層の献身を誓うことを決議しました。 議会100年の行事は県立芸術大学の学生35人による「かじゃでぃ風節」や「辺野喜節」など、琉球古典音楽の演奏で幕が開けました。 傍聴席で元立法院議員や元県...続きを見る

県立病院のあり方 現行の経営形態存続も

県立病院のあり方について、仲井真知事は経営再建計画で経営が改善されれば、現在の形態の存続を検討すると発表しました。同時に、独立行政法人への移行作業も進めるとしました。 仲井真知事は県立病院のあり方について、県医療審議会の独立行政法人化の答申を尊...続きを見る

不発弾対策協議会 磁気探査研修スタートへ

16日に不発弾の対策を話し合う協議会が開かれ、民間業者を対象にした磁気探査研修を2009年度からスタートすることが決まりました。 不発弾対策協議会には国や県の関係者の他、自衛隊や電力会社の職員も参加。2009年1月に糸満市で発生した不発弾の爆発...続きを見る

松葉杖の医師、ゆかりの地で語る

足に障害がありながら松葉杖をつきアメリカで内視鏡専門の医師として活躍する波平宜靖さんの講演会が那覇市の沖縄整肢療護園で開かれています。 この講演会は整肢療護園の開設50周年を記念して開かれ1966年から一年間入園した波平さんが「私が歩んだ道」と...続きを見る

沖縄の魅力、広告で伝える

県内で作られた新聞やテレビ、ラジオなどの広告で優秀な作品を集めた展示会が、那覇市で開かれています。沖縄広告賞は、県民に広告への理解や知識を深めてもらい地域の文化として広告をPRするために開かれ、今回で27回目です。 今回はテレビ、ラジオ、新聞な...続きを見る

県議会発足100年、決意新た

県議会は16日、議会発足100年の節目を迎え、記念のセレモニーが繰り広げられています。議会100年の行事は県立芸術大学の学生35人による「かじゃでぃ風節」や「辺野喜節」など、琉球古典音楽の演奏で幕が開けました。 元立法院議員や元県議会議員らが傍...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.