2009年3月27日

ベトナムと沖縄 戦争通し平和を考える

ベトナム戦争を通して平和を考えようというイベントが26日夜、読谷村で開かれました。講演では、ベトナム戦争時、アメリカ軍に従軍し、写真を撮り続けた石川文洋さんが命があるからこそ今の幸せがあると、平和の大切さを訴えました。 また、ベトナムから枯葉剤...続きを見る

いけばなの魅力一堂に

いけばなを通して日本文化を紹介し国際交流を続けているいけばなインターナショナル沖縄支部の生け花展が27日那覇市で開かれています。生け花展には、国籍や流派を超え、いけばなの魅力を発信しようとおよそ140点が出品されています。 会場には花器に琉球ガ...続きを見る

2009年3月26日

公共工事で義務づけ ”足もとの危険”探査

これまで工事発注者の判断に任せられていた公共工事での不発弾の磁気探査について、4月から事前探査が義務付けられることになりました。これは26日開かれた国や県、市町村などで構成する沖縄不発弾等対策協議会で話し合われたものです。 会議では1974年に...続きを見る

アメリカ カリフォルニア州 F22墜落パイロット死亡

アメリカでテスト飛行をしていたF22A戦闘機が墜落し、操縦していたパイロットが死亡しました。同型機が暫定配備されている嘉手納基地周辺では不安の声も上がっています。 墜落したのはカリフォルニアにあるエドワーズ空軍基地所属のF22A戦闘機で、25日...続きを見る

なぜここに?地中からドラム缶

26日午前、那覇市で建設現場の地中から古いドラム缶が見つかりました。中には液体が入っていて、重機と接触して破損し、およそ400リットルが漏れ出しました。 26日午前10時過ぎ、那覇市の久場川団地近くの建設現場から「油の臭いがするドラム缶がある」...続きを見る

センバツ甲子園レポート 興南島袋投手好投も…

エースの力投とは裏腹に沈黙を続ける興南打線。迎えた悪夢の延長10回、島袋投手がつかまり、2点を失います。 春のセンバツ高校野球、九州代表興南が1回戦に登場しました。 棚原期者「26年ぶりの春、興南ナインが初戦突破をかけプレーボールです!」 興南は...続きを見る

今度は島で

粟国村のSOSにうるま市が答えました。消防車を必要としていた粟国村に26日、うるるま市からポンプ車1台が無償で譲渡されました。 譲渡式には粟国村の新城静喜村長が出席し、知念恒男うるま市長からポンプ車の鍵が贈られました。粟国村では比較的、原野火災...続きを見る

おじぃちゃんおばぁちゃんの命薬 うるま市石川 久場兼輝さん(85)

おじぃおばぁの命薬!きょうは、うるま市石川の久場兼輝(けんき)さん85歳です。49年前の津波で被災したとき、たくさんの支援をしてもらったことがきっかけで空き缶を集めて被災地などに寄付し続けているんです。 この日、おじぃちゃんが向かった...続きを見る

センバツ甲子園 島袋の好投生かせず初戦敗退

春のセンバツ高校野球九州代表の興南高校は富山商業と対戦し、エース島袋選手は19個の三振を奪いましたが、1本が出ず、初戦で姿を消しました。 興南の先発は2年生エースの島袋投手が落ち着いたピッチングで、初回は3者連続三振、2回もヒット1本を許したものの、アウ...続きを見る

島しょ地域の看護の充実を

来月に県立宮古病院に開設される沖縄県立看護大学と大学院の宮古島教室の開所式が26日にありました。宮古島教室の設置は島嶼県の保健看護の向上に貢献できる人材育成をめざします。修士課程2人、博士課程2人の4人の大学院生が離島の救急や感染症予防対策、生活...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.