2009年2月12日

伊波宜野湾市長 違法性訴え閉鎖実現させる

宜野湾市の伊波市長は12日、普天間基地の早期閉鎖に向けた第3次アクションプランを発表しました。今後は日米両政府の他、司法の場や国際機関でも普天間基地の違法性を訴えます。2003年に就任した宜野湾市の伊波市長はこれまで2回に渡ってアクションプログラムを発表し、普...続きを見る

珊瑚舎スコーレ お年寄りたちの学び舎が危機に

戦争や戦後の貧しさから義務教育を終えられなかったお年よりたちが学ぶ珊瑚舎スコーレ夜間中学について、これまで何度もお伝えしてきましたが、今大変厳しい経営難に直面しています。那覇市にある珊瑚舎スコーレ夜間中学。ここでは現在51人のお年寄りたちが学んでいます。戦争や...続きを見る

海洋博公園6000万人突破

開園から32年と7カ月、本部町にある海洋博公園の入園者が12日に6000万人を突破し、記念式典が開かれました。海洋博公園は1975年の沖縄国際海洋博覧会を記念して、翌年8月にその跡地に設置された国営公園です。開園から32年7カ月、記念すべき6000万人目は、東...続きを見る

県立病院法人化 八重山群民が反対総決起大会へ

県が県立病院を独立行政法人に移行しようとしている問題で、八重山市町会は12日、法人化に反対する総決起大会を3月に開催することを決めました。この問題は、県が財政難を理由に県立の7つの病院を県から切り離し、独立行政法人化、将来的には民営化に移行する計画を示している...続きを見る

キャンプハンセンにヘリ着陸で 空自幹部が町長に謝罪

10日にキャンプハンセンに航空自衛隊のヘリコプターが着陸した問題を受け、航空自衛隊の幹部が12日に金武町を訪れ、謝罪しました。航空自衛隊の大型ヘリコプターが10日、金武町に隣接するアメリカ軍キャンプハンセンの実弾射撃訓練場レンジ4に着陸。その後、自衛隊はアメリ...続きを見る

修学旅行生 エイサー体験

修学旅行で沖縄を訪れている神奈川県の高校生が12日に沖縄市でエイサーを体験しています。沖縄市観光協会が企画したエイサー体験に参加しているのは神奈川県の栄光学園高校の生徒9人です。南部の戦跡や海を見るだけではなく、沖縄の文化に少しでも触れようとこの体験学習に参加...続きを見る

消費拡大めざし 旬のタンカンをどうぞ

旬を迎えているタンカンの消費拡大をPRしようと、12日に那覇市の市場でセレモニーが開かれました。タンカンは、豊作の年「表年」と収穫の少ない「裏年」が交互にやってくるとされていて、2008年度は裏年にあたります。しかし2008年は台風の被害がなかったためか、20...続きを見る

独自 交番に不発弾持ち込む

宜野湾市の交番に、信管がついている不発弾1発が届けられていたことがわかりました。10日午後6時過ぎ、宜野湾市の野嵩交番に70歳の男性が訪れ、直径5センチ、長さ10センチの戦時中の手榴弾の不発弾を届けました。男性は西原町森川の道沿いで空き缶に入った不発弾を拾い、...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.