10 / 21« 先頭...91011...20...最後 »

2009年1月20日

県議会文教厚生委員会 検査所・食肉センターを視察

2008年12月、豚サルモネラに感染した豚の肉があやまって出荷され県が出荷先の小売店から回収・謝罪する事態となった問題をうけ県議らが19日食肉センターなどを視察しました。視察したのは県議会文教厚生委員会です。委員らはまず、食肉衛生検査所で2008年年12月のサ...続きを見る

糸満市・南部市町村会 不発弾事故受け 要請で上京

糸満市で起きた不発弾の爆発事故を受けて、糸満市や南部市町村の関係者は被害補償や不発弾処理作業の実施などを国に求めるため、20日朝上京しました。要請団は糸満市や南部市町村会から糸満市長や豊見城市長南風原町長のほか、市議会議員など合わせて17人です。上原糸満市長は...続きを見る

2009年1月19日

Theスポーツ バイクトライアルにかける!/キングス首位で折り返し

きのうおこなれたバイクトライアルの沖縄南部大会。この競技に青春をかける一人の高校生を取材しました。試合会場は周囲を海に囲まれた南城市奥武島。バイクトライアルとは、岩場など自然の地形を利用して作ったコースをサドルのない専用の自転車でいかに足をつかずに...続きを見る

Qリポート 宮古島市長選 過去最多6人立候補

市役所職員の不祥事で市長が引責辞任した宮古島市の市長選挙がきのう告示され、無所属の新人6人が立候補しました。宮古島市長選挙に立候補したのは、届け出順に大城智さん、藤村明憲さん、友利敏子さん、真喜屋浩さん、下地敏彦さん、中山誠さんの、いずれも無所属新人の6人です...続きを見る

シンポジウム 照明で地球温暖化対策

私たちの生活になくてはならない明かり。『この明かりから地球温暖化対策を』と呼びかける省エネ照明シンポジウムが19日、那覇市で開かれました。このシンポジウムは、省エネやエコ対策が叫ばれる中、家庭や商業施設のCO2の排出量が1990年に比べて4割以上増えている現状...続きを見る

県と沖縄市 泡瀬事業継続を強調

那覇地裁が県と沖縄市に公金支出の差し止めを命じた泡瀬干潟の埋め立て工事。県と沖縄市は、19日の作業部会でも環境に配慮しながら埋め立てを継続する方針を強調しました。泡瀬干潟の埋め立て事業について、2008年11月、那覇地裁は「経済的な合理性が認められない」として...続きを見る

社会就労センター合同成人式 大人の仲間入り祝う

体に障害を持つ人たちが自立を目指す社会就労センターの成人式が18日に開かれ、2人の新成人のおとなの仲間入りを祝いました。成人を迎えたのは社会就労センター「わかたけ」と「たけのこ」で働く照屋将一郎さんと吉川賢さんの2人です。式では2人のこれまでの仕事ぶりなどを振...続きを見る

オートバイの少女 パトカーに追跡され交通事故

18日夜、沖縄市でオートバイに2人乗りしていた16歳の少女らが、パトカーの追跡を振り切ろうと歩道に乗り上げ転倒し、足の骨を折る事故がありました。18日午後11時50分ごろ、沖縄市上地の交差点で、パトカーの横をヘルメットをせず、2人乗りをしたオートバイが信号無視...続きを見る

宮古島市長選 期日前投票始まる

18日に告示された宮古島市長選挙の期日前投票が19日朝から始まりました。職員の相次ぐ不祥事で伊志嶺亮前市長が引責辞任したことを受けて行われる宮古島市長選挙には革新系、保守系、中立系のいずれも無所属・新人の6人が立候補しています。宮古島市の平良庁舎では19日8時...続きを見る

2009年1月18日

自慢のヤマイモずらり

農家の人たちが育てたヤマイモの重さを競う「ヤマイモスーブ」が18日読谷村で開かれました。1位は200キロを超える超大物です。ヤマイモスーブには読谷村渡具知と古堅の地域のおよそ50世帯から、手塩にかけたヤマイモが集まりました。出品するヤマイモは、それぞれの農家が...続きを見る


10 / 21« 先頭...91011...20...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.