密約訴訟二審始まる 原告「国は認識甘く無責任」

沖縄返還に伴う日米両政府の密約を認めた一審判決を不服として、国が控訴した密約文書開示請求訴訟の第1回口頭弁論が、26日、東京高裁で開かれ原告側は意見陳述で国の認識の甘さを批判しました。 この裁判は、沖…

原告団勝訴うけ 「密約」情報公開訴訟でシンポ

沖縄返還の際の密約の存在が司法の場で初めて認定された沖縄返還密約訴訟。その判決の意義を検証しようというシンポジウムが17日に開かれました。 17日、那覇市で開かれたシンポジウムには琉球大学の我部政明教…

“核密約”で元条約局長 有識者委員会見解に異論

沖縄への核の再持ち込みなど、日米間の一連の密約問題に関する参考人質疑が19日、衆議院外務委員会で行われました。 委員会には、密約文書に関わった元外務省幹部や返還軍用地を更地に戻すための費用、いわゆる「…

有識者委が岡田大臣へ「密約」調査結果を報告

歴代の総理大臣が存在を否定していた核の持ち込みなどに関する密約。その密約について調査していた外務省の有識者委員会が9日、岡田外務大臣に報告書を提出しました。しかしその内容は、密約の存在を認めつつも、政…

沖縄返還密約開示訴訟 国「少なくとも現在は文書ない」

沖縄返還をめぐる密約文書の情報公開を求めた裁判の第1回口頭弁論が16日、東京地裁で開かれ、「密約文書はない」とする被告の国側に対して裁判長は明確な説明を要求しました。 この裁判は、沖縄返還をめぐる日米…