6月20日、新型コロナの新規感染者は422人でした。さらに、オミクロン株の亜種で「BA.2」より1.2倍ほど感染力が強いとされる「BA.5」が県内で初めて確認されました。

6月6日から6月15日までの感染者221人分の検体を調べたところ中部保健所管内に住む4人から「BA.5」が検出されました。

すでに「BA.5」の市中感染が始まっている可能性があるということです。また、6月20日新たに高齢者2人の死亡も確認されています。