日本で初めてとなる野球のウィンターリーグが沖縄で開催されることが決まりました。

株式会社ジャパンリーグは野球界にプロでもアマチュアでもない「第3のコミュニティー」をつくることで、陽の目を浴びていない選手に光を当てて輝ける場にしようとウィンターリーグを沖縄で開催します。

ウィンターリーグはアメリカではプロ野球のシーズンが終わったオフ期間の冬場に温暖な地域で行われていて、国内での実施は初めての試みです。

株式会社ジャパンリーグ鷲崎一誠代表「不運なけがやちょっとしたタイミングでチャンスを潰して、野球で活躍するきっかけをなくしたという選手は数多くいると思っています。そういった選手に真剣勝負で野球をする場所を提供したい」

初年度は11月末から約1カ月にわたって、6チームによる総当たりのリーグ戦で22試合を実施する予定です。

現在、アマチュア選手120人を募集していて、申し込みの期限が8月末までとなっています。