競技人口の裾野を広げるとともに国内トップリーグへの参戦を将来的な目標に、県内の専門学校が女子サッカーのクラブチームを設立しました。

県内の医療専門学校「琉球リハビリテーション学院」が女子サッカークラブチーム「琉リハFC」を設立しました。監督にはチームの拠点となる金武町出身の仲間英二さんが就任します。

また、スポーツディレクターをなでしこジャパンで活躍した高良亮子さん、選手兼コーチを金城恵奈さんが務めることになりました。学外を含めた高校生以上が参加条件となっています。

琉リハFC・スポーツディレクター高良亮子さん「サッカーをできる環境をつくって女子の育成・強化の場をつくっていけたらと思っている」

チームは将来的に国内のトップ選手たちがしのぎを削る「なでしこリーグ」への参入を目指していて、当面は高校などを卒業した女子選手の受け皿として活動していく方針です。

なでしこリーグ参戦を掲げ 女子サッカーチーム「琉リハFC」設立