学生かりゆしウェアデザインコンテストは、県内48の高校の生徒から3000あまりの作品の応募があり、今回、グランプリに選ばれた2つの作品がお披露目されました。

ビジネス部門で選ばれた黄金蒼生さんの作品「気魂の波」は、ガジュマルの気根と海の流れがモチーフで、寒色を使い、沖縄の優しい強さを表しています。

また、カジュアル部門で選ばれた知花美紗さんの「南国フルーツ」は彩度の高い配色が特徴で、沖縄の様々なフルーツがデザインされています。

知花美紗さんは「色の配色とかは結構こだわった。県民でもなじみのあるような色を選ばせてもらいました」と述べました。また黄金蒼生さんは「ビジネスとしても仕事場につけていって下さったら嬉しいですし、かりゆしですので、お祝いの場でも着けていただきたいと思います」と述べました。

ふたりの作品は5月17日からそれぞれ250枚限定で、県内の量販店やウェブサイトで販売されるということです。

第3回学生かりゆしウエアデザインコンテスト