きょう5月15日は、50年前に沖縄が本土復帰した日です。15日は、午後から沖縄と東京で記念式典が開かれます。

沖縄は1952年のサンフランシスコ講和条約締結により本土から切り離され、戦後27年間アメリカの統治下に置かれたのち、1972年5月15日、本土復帰しました。

復帰から50周年となる15日は午後には、東京と沖縄で記念式典が開かれます。宜野湾市の式典会場では玉城知事が、過重な基地負担の現状を訴え平和な島を希求する思いを伝える他、岸田総理の祝辞や天皇陛下のお言葉がある予定です。

5月15日、沖縄は翻弄され続けるその歩みを確認しながら平和な未来の実現を決意する日となります。

復帰50年迎えた沖縄